正しい洗顔が一番大切

ニキビを防ぐには、正しい洗顔が一番大切です。まず、肌を清潔にすることが大切なので、メイクはしっかり落とす必要があります。ただし、油分の多い洗顔料はオイリー肌の方には好ましくありません。油分が多すぎず少なすぎないクレンジング剤を使用することが望ましいです。また、クレンジング剤は洗い流せてしまうものを選ぶと、肌への負担が少ないのでおすすめです。また、肌に刺激を与えないクレンジング剤を選ぶことも大切です。スクラブ入りの洗顔料は避け、泡立ちが穏やかな弱酸性の洗顔料ですすぐとよいでしょう。ニキビ予防の洗顔で一番大切なことは、汚れを落とそうとゴシゴシと力強く洗顔しないことです。逆に肌を傷つけ、ニキビを悪化させることになります。洗顔の前に、髪をヘアバンドなどでまとめて、顔にかからないようにします。髪の生え際を洗い残しがあると、汚れが毛穴をふさいでしまうので注意しましょう。洗顔料をよく泡立てて、肌の中心から外側に向かって洗います。汚れを落としやすくするために、あらかじめ人肌程度のぬるま湯で毛穴を開いておくとよいでしょう。過度な力を加えず、丁寧に洗うのがポイントです。泡を洗い流すときは、肌をこすらないようにぬるま湯でやさしくすすぎ、タオルで肌をこするように水分をふき取ります。毎日の正しい洗顔が、ニキビの予防と改善につながることは間違いありません。さっそく実践してみましょう。
ある日突然、顔などに現れる “シミ”。いつの間にか現れていて、ショックを受ける人も多いのではないでしょうか。皮膚にできるシミとは、どのようなものなのでしょうか。シミとは、紫外線による色素沈着によって、皮膚の表面にできる茶色や褐色の色調のことです。メラニン色素は主に紫外線の影響で増加します。これがシミの原因です。また、皮膚表面の下でシミが増殖している可能性もあります。今は表面に出ていなくても、時間の経過や加齢によって、いつか出てくる可能性があります。シミにはさまざまな種類があります。炎症性色素沈着は、炎症性のニキビや火傷、かぶれなどが引き金となってできるシミです。炎症性色素沈着は、レーザーで比較的簡単に治療することができます。老人性色素斑は、30~40代に多いシミで、老化の一種と言われています。このシミは、紫外線を浴び続けることで発生します。そのため、比較的若い頃から繰り返し日光を浴びてきた人に多く見られます。老人性色素斑の大きさには個人差があります。主に紫外線を浴びやすい手や顔、すねに現れやすい傾向があります。脂漏性角化症は、老人性色素斑に良性のしこりのような腫瘍ができることでできるシミです。中高年の方に多く見られます。これも老人性色素斑と同様、長期間にわたって紫外線を吸収することによって生じると言われています。以上のように、年齢によるシミにはさまざまな種類と特徴があります。それぞれのタイプに適した治療・対策を行うことが、改善への第一歩となります。https://wesyf.wp.xdomain.jp/